中学生、高校生のダイエットサプリ

中学生、高校生が安全にできるダイエット法ってあるの?

中学生、高校生のダイエットサプリ

体重を減らして綺麗になりたいという思いを持つのは、20代以降の男性、女性とは限りません。10代の頃から周りからバカにされて痩せたいと願ったり、モテたいと願うのは一般的ではありませんか?

 

ただ、10代であり、身長が伸び成長期という時期に無理なダイエットをしていては成長を阻害するのではと不安にもなります。若いうちから20代や30代と同じようなダイエット方法をするのは危険です。

 

だとすると、10代の中学生や高校生が身体に負担を掛けずに理想的な身体へと痩せることができる方法はあるのだろうか?

 

それで、中学生、高校生が安全にできるダイエットを書いていきます。

 

 

中学生、高校生がダイエットをする前に気を付けるべきこと!

中学生や高校生は身体が発達途中であり、栄養が必要不可欠な年ごろです。そんな大事な時期に身体への栄養が不足してしまうと骨の成長も妨げられたり、筋肉がつかなくなったりして身長も伸びないですし、怪我が増えやすくなります。女性の場合ですと、将来的に冷え性の原因になりますし、栄養が足りなくホルモンへの影響もあって生理が来ないなどの大きな影響がある可能性も。

 

常にダイエットばかり考えるようになると拒食症になってしまうことになり、一度、拒食症になると元の生活に戻すのは並大抵の努力ではできません。知識がなく無理にダイエットは大変危険ということです。

 

 

中学生や高校生にすすめたいダイエット方法とは?

10代がダイエットを行うにはどのような方法が望ましいのでしょうか。

 

ダイエットというと、セオリーでは摂取カロリーより消費カロリーを増やすことになります。食事制限をして摂取カロリーを抑えることは大変危険であり、10代のうちは消費カロリーを増やすことに重点を置いた方が良いのです。

 

つまり、消費カロリーを増やすということは、運動によるダイエット方法です。

 

でも、太っていて身体を動かすことは苦手で続けることが出来ないという方もいますよね?

 

そこで、毎日続けられるダイエット方法を紹介します。

 

 

1.ウォーキング運動

通学時にバス、電車を利用する人は多いですが、目的地より一駅前に降りて歩いて通勤するのもダイエットになります。ただ、何も意識せずに歩くだけでは効果がなく少し早歩きをすることがポイントです。そうすると、太ももあたりの筋肉が鍛えられダイエットになります。

 

2.豆乳ダイエット

過度に豆乳を飲むのは良くありませんが適度に豆乳を飲むと過食を抑えることができ、結果的にダイエットにつながります。

 

3.お風呂で身体を十分温める

温かいお風呂にある程度長く浸かることにより血行促進により新陳代謝がより活発になって結果的に消費エネルギーを増加させます。食事前に入ると過度な食欲を抑えることもできます。

 

 

※2つ目、3つ目は食事制限には近いのでやり過ぎは危険です。

 

 

まとめ

10代のうちは消費カロリーを増やすダイエット、つまりは運動を中心にしたダイエット方法が望ましいです。無理に食事制限はしないようにして、成長を阻害しないようにしましょう。